2005.08.12(月) 
■成虫掘り出し
 今月7日〜8日に羽化した2♂♂1♀を掘り出してみた。
 体長を計測してみると、♂は24mmと23mm、♀は23mmであった。トルコ産等の早期に羽化した個体と比べると、成長が早かった割には比較的大きな個体であった。

 体つきは♂♀共に親同様、原名亜種やトルコ産よりも細身の印象であり、♀の上翅には比較的明瞭な縦条が現れている。ユーロオオクワとムシモンを足して2で割ったような雰囲気であるが、これはやはりシリア産の特徴なのであろう。
 親との比較としては、♂の上翅には親よりもより明瞭に縦条が見られる気がする。これは新成虫だからそう見えるだけかも知れないが、オオクワ類に良く見られるように、小型の個体になるに従って明瞭に現れる傾向があるのだろうか? ♂の小型個体が得られたら確認してみたい。

シリア産INDEXへ