2005.09.03(土) 
■F3成虫セット1、2
 先月羽化したF3成虫の中から比較的大柄な個体を2ペア選んで、産卵セットに投入してみた。♂は大きくても25mm前後の個体ばかりであるが、♀は27mmと比較的大きな個体もちらほら羽化してきている。

 いつも産卵セットに使用してきたQ-BOX10 が、あいにく全て使用中であったので、今回は小プラケと、近所のホームセンターで入手したSolid Box50 というコンテナボックスを使用することにした。
 このSolid Box50は、寸法が257×170×140mmと、Q-BOX10の230×135×125mmよりも一回り大きく、Q-BOX20とほぼ同程度の容量の容器である。最近は太目の材を用いた方が良い結果に繋がるのではないかという気がしているので、そうなると容器もこれ位のものが良いかも知れない。Q-BOX10の場合、太目の材を用いると、頭が飛び出て蓋が閉らないことがある。また、Solid Boxならば、近所のホームセンターでいつでも入手可なので、その点でも便利である。

 セット内容は従来通り。柔らか目でやや水分を多目にしたクヌギ材をマットで2/3程埋め込んでみた。投入する成虫は、当初1♂2♀♀のトリオを予定していたが、羽化してくる成虫の性別がほぼ同数になってきているので、予定を変更してペアでの投入とした。
 本日組んだ2セットの内、どちらか一方から得られた幼虫を菌糸飼育とし、マット飼育の場合と比べてみたいと考えている。

シリア産INDEXへ