2005.11.15(火) 曇 最高室温:23.0℃ 最低室温:20.0℃
■F3セット2再セット
 9/2 にセットしたF3の2番目のセットの状況が、昨日のチェックの結果、芳しくないようであったので、改めてセットし直すこととした。

 このセットに使っていた材は、以前ノコギリクワガタの飼育ケージに止まり木代わりに用いていたクヌギ材で、ノコギリが死に、ケージから取り出した際に全く齧った跡が見受けられず、念の為、おおまかに割ってみた所、やはり全く産んでいないことが確認できたので、束ね直した上で加水して転用したものである。
 材の湿度や柔らかさは良い感じになっていたのであるが、どうも小片を束ね直したものだと具合が悪いようで、全く齧った形跡が見受けられなかった。イタリア産やスロバキア産でも、一旦おおまかに割ったものを束ね直した材を与えたことがあったが、やはり全く産んでくれなかった。特にイタリア産の場合、普通の材と同じにセットしていたのであるが、束ね直したものには見向きもしなかったので、やはりユーロオオクワには、一本の材として、ある程度の太さのあるものでないとダメなのかも知れない。

 今回は手元にコナラ材しかストックがないので、その中から柔らか目のものを選び、写真のように、ほぼマットに埋め込む形でセットしてみた。マットは従来のものに、不足分としてフジコン・ドルクスフレークを継ぎ足している。
 果たして、この時期にセットして産んでくれるだろうか? 最低室温が20℃を割り込みそうになってきているので、ぼちぼち簡易温室に移そうかと考えているが、結果が楽しみである。

シリア産INDEXへ