2006.04.29(土) 晴後曇 最高室温:22.7℃ 最低室温:21.2℃
■F4幼虫回収
 昨年10/14セットのF3セット3を暴いてみた。これはセット1、2と異なり温室にて管理していたセットで、既に大分前からマットの底に幼虫の姿が見えていた。今日も2匹の幼虫が底を這っているのが見える。ムシモンのように親に食べられてしまう前に回収するとしよう。

 セットから材を取り出すと、早速その下から幼虫が姿を現した。こいつを回収して、マットを全て新聞紙の上にぶちまけた。マットを精査した結果、既に3齢になっていたものを含め、2〜3齢幼虫4匹を回収することができた。
 次に材の割出しにかかる。写真右のように、材の表面に食痕が現れている。恐らくマットの中にいた幼虫は、マットに産卵された訳ではなく、この材から抜け出たのであろう。

 材を割ってみると、中は食痕だらけであった。どこをどう割っても食痕と幼虫が姿を現す。久々に大当たりのようだ。こうなると根気のいる割出作業も俄然楽しくなってくる。但し、材が食痕だらけで大分柔らかくなっているので、下手にドライバーを突き立てて、そのままズブっと幼虫を潰してしまわないように、注意は怠ってはならない。

 割り進めていくと、初齢、2齢、3齢と、出てくる幼虫のステージは様々であった。更に卵も1つ出てきたので、恐らく未だに産卵続行中だったのであろう。この点からも、本来ならば適当な頃合に成虫を抜くか、材を取り出すかしておいた方が良いと言える。できるだけステージは揃っていた方が、容器も統一できるし、後々データを比較する際にも有利である。
 結局この材からは9匹を回収。思った程ではなかったが、合計13匹はまずまずの成果である。

 回収した幼虫は、2齢幼虫4匹は500ccの菌糸瓶へ、残りの2齢と3齢は発酵マットを詰めた200ccプリンカップへ、初齢幼虫は同じく発酵マットを詰めた90ccカップへ投入した。初齢幼虫は頃合を見て、500cc菌糸瓶へ投入するつもりだ。これで小さ目の容器で育てた場合と、最初から大容量の容器で育てた場合とで、成虫サイズに影響が出るのかどうか、比べてみることができる。既にフランス産やイタリア産等の一部の幼虫を500cc菌糸瓶にて飼育中であるが、いずれもある程度200ccカップで育ててから投入しているので、効果があったとしても限定的なものになると推察される。その点今回は、3齢に加齢する前に投入できたので、より明確な比較ができると考えており、結果がどうなるか楽しみである。

シリア産INDEXへ