2006.05.04(木) 晴 最高室温:23.5℃ 最低室温:22.0℃
■卵ばかり
 昨年10/14にセットしたF3セット4を暴いてみた。同日セットで温室にて管理していたセット3からは、先日15匹の幼虫を回収することができたが、室温管理のこちらはどうであろうか?

 材を取り出してみると、底になっていた箇所を中心に♀の齧り跡が散見されると共に、♀が材の中に潜り込んでいるのが見えた(赤丸の部分)。マットの中には幼虫はいないようだし、材の表面にも食痕は見当たらない。こういう状況で♀が材に潜っている場合の多くは産卵中であり、割出すには少々時期が速いと言える。

 試しに割ってみると、出てくるのは卵ばかりで、幼虫の姿や食痕は見当たらなかった。
 従って、どうも最近になって産み始めたという事になり、昨秋〜冬にかけては産卵しなかったという事になる。セット3の方にしても、幼虫の育ち具合からして産卵したのは1〜2ヶ月程前と推察されるので、温度をかければ多少速くなるものの、やはり盛夏以降に羽化した個体は、例え後食が始まって、交尾に及んだとしても、その年の内は産卵には及びづらいと言えそうである。

シリア産INDEXへ