2006.05.12(金) 晴 最高室温:24.9℃ 最低室温:23.6℃
■パラレリウム♂ばかり
 5月を迎え、益々賑やかになってきたシリア産パラレリウム(雑感018 参照)であるが、今日は何故か♀は姿を現さずに♂ばかりで、しかもどの個体もケージ内をせわしなく闊歩していた。

 まず目についたのは、洞付登り木頂部の出入り口から頭を出し、周囲を伺うような素振りを見せる♂の姿。この個体は洞から外に出るとそそくさとエサ皿(マルカン・でるでる蜜の木フラット)方面へと去っていった。自然環境下でもこうして、塒である洞等から樹液場に向かうのだろうか?

 コルクガシ樹皮のバックボードに目をやると、そこにも2匹の♂が徘徊していた。
 こうしてバックボード上をパラレリが徘徊する姿を目撃したのは始めてである。
 右の写真は2匹の内、大柄な方の個体を写したものだが、上翅の点刻列が比較的明瞭に確認できる。30mm程度あった元親では確認できなかったが、25mm程度より小さい個体になると顕著になるようで、これはシリア産独自の特徴であると思う。欧州の個体では小型個体でも殆ど点刻列は目立たないから、やはりシリア産は亜種か、さもなければ別種なのではないだろうか?

シリア産INDEXへ