2006.05.30(火) 晴後雷雨 最高室温:26.3℃ 最低室温:25.1℃
■F2♀最後の奉公
 2004年の12月に購入した、我が家のシリア産パラレリの元親である、F2の♀は未だ健在である。左足のフ節がとれてしまったものの、顎先の摩滅はそれ程でもなく、まだまだ産んでくれそうな雰囲気である。

 F3は既に充分な数を確保できているし、更に孫の世代であるF4幼虫もぼちぼち回収され始めているので、余生は個室(スタックS間仕切りナシ)のVIP待遇で過ごして頂こうと考えていたのだが、顕在ぶりを目のあたりにして、もう一頑張りしてもらうことにした。恐らくこれが最後の奉公となるであろう。

 セットは小プラケ相当のHR-2 に柔らか目のコナラ材をほぼ完全に埋め込む「パラレリ必勝セット」である。マットも材産み基本のパラレリでもマット産みをする、フジコン・ドルクスフレークを使い、万全の態勢を整えた。人間で言えば、かなりの高齢出産になるのだろうから、打てる手は打てるだけ打ったといった所だ。