2006.06.13(火) 曇 最高室温:26.3℃ 最低室温:24.9℃
■F4幼虫回収2
 昨年11/15 のセットを暴いてみた。半年以上放置していたので、材は既にグズグズ。セットの表面は齧りカスだらけで、マットの中には幼虫が蠢いているといった状況だ。

 マットを新聞紙の上にあけると、幼虫と共に♂の死骸が転がり出てきた。一応エサは切らさずにおいたのだが、寿命であろうか? それとも♀に捕食されたのだろうか? 寿命にしては少々短い気がしないでもない。いずれにせよ、F3では最初の死亡個体である。

 幼虫は、マットと材合わせて5匹を回収できた。内2匹は2齢で、3匹は初齢であった。
 初齢は200ccの菌糸カップ、2齢幼虫は500cc菌糸瓶(いずれもフジコン・ヒラタケ菌床を手詰め)に投入した。500cc瓶に余裕があれば、全数投入したい所だが、残り少なくなってきているので、とりあえず落ちる可能性が初齢よりは低いと思われる2齢のみを投入するに留めた。初齢幼虫も無事に200ccカップを食べ尽くしてくれれば、500cc瓶に移すつもりではある。

 シリア産は欧州のパラレリと比べて、胴が長くなる傾向にあるように思う。このスタイルで32mmを超える大型個体となった場合、どのような雰囲気になるのか是非見てみたい。

 次に、5/4 に卵ばかりだったので、途中で割出しを止めたセットの底に、幼虫の姿が確認できたので、これを割出してみる。

 容器の中から、まずは5/4に割った小片を取り出していると、早くもその中の一つに幼虫の姿を見つける事ができた(写真左)。
 割り残した材本体の方も、表面に新しい食痕が何本か走っており、粗方の幼虫は既に孵化したものと思われた。結局このセットからは、マットと材合わせて8匹を回収することができた。孵化してさほど日が経っていないような初齢幼虫も見受けられたので、割りカスは暫く保管して、取りこぼしに備えることとする。

 回収した幼虫は、こちらも2齢は500cc菌糸瓶に、初齢は200cc菌糸カップに投入してみた。