2006.08.16(水) 曇時々晴 最高室温:29.1℃ 最低室温:26.7℃
■500cc菌糸瓶から極小♂
 4/29 に2齢で500cc菌糸瓶に投入した幼虫の内、2匹が早々に羽化してしまった。内1匹はG-POT550cc(ポリ容器)で飼育し、先月10日に2本目のボトルに投入した個体である。

 G-POT550ccボトル2本を消費して羽化した個体は、写真左の♀28mm である。200cc菌糸カップ飼育でも出ないサイズではないが、まあ納得の大型個体である。
 一方、フジコン菌床を詰めた500cc瓶(ガラス瓶)にて羽化した個体は、写真右の♂21mmである。こちらは瓶交換することなく一本で羽化迄辿り着いたのであるが、エサの喰いも悪く、白い部分を大分残しての羽化であった。これはやはり高温の影響であろうか?

 これ迄500cc瓶飼育では、このような極小個体が出てくることがなかったのだが、やはりどのような容器で飼育したとしても、温度管理をきちんとやらないと、早期に小型個体として羽化してしまうケースを防ぐことは出来ないということであろう。今回はポリ容器とガラス瓶との性能差を見る為に、敢えて常温で管理したのであるが、今の所、夏場の高温下ではポリ容器で育てた個体の方が大きくなっているようだ。♀でこのサイズになるのであれば、♂なら30mmオーバーは確実に行けるだろう。