2006.09.10(日) 曇時々晴 最高室温:29.5℃ 最低室温:26.7℃
■♀30mm羽化
 F4幼虫が入っている500cc菌糸瓶、200cc菌糸カップの内、既に羽化していると思われる容器を掘り返してみた所、200ccカップの中から大柄な♀が出てきた。

 まだ完全には固まっていないが、計ってみた所、30mm。これは我が家のユーロオオクワの中で過去最大である。ただ、シリア産は欧州のものと比べ、体幅が細くなるので、見た目のイメージは28mm程度の欧州産の個体の方が重量感はある。とは言え、やはり30mmはデカい。

 因みにこの個体、6/13 に初齢で割出しているので、孵化から考えてもせいぜい3ヶ月半程度で成虫になった事になる。しかも500cc菌糸瓶ではなく、200cc菌糸カップでエサ交換ナシである。しかも2〜3齢の発育期を真夏に過ごしている訳で、正直それほど良い環境で育ったとは思えないのであるが、それでもこのサイズである。姉妹にも27〜28mmと大柄な個体が出ているので、エサ(フジコン・オオヒラタケ菌床)との相性が良かったのだろうと思うが、一方で同菌床を詰めた500cc瓶から20mmに満たない極小♂が出てきたので、「大きく育てる条件」とは何か? 改めて考えさせられる結果となった。