2007.06.07(木) 晴後曇 最高室温:26.5℃ 最低室温:23.0℃
■F4♂33.5mm羽化
 昨年6/13に割出したF4幼虫の内、2齢で出てきて500cc菌糸瓶で飼育していた個体から33.5mmの大型♂が羽化してきた。この個体は本年度有望視していた大型幼虫が羽化したもので、羽化自体は2週間程前に確認しており、かなりのサイズの成虫になっている事は分かっていたのだが、掘り出してみた所、期待に違わぬ中々のサイズであった。

 シリア産はトルコ産同様に、欧州産よりも腹部が長くなる傾向があり、この個体にもその傾向は見受けられるが、大腮がパラレリにしては比較的良く発達してくれたことにより、それ程胴長な印象にはなっていないように思う。また、体色はシリア産程黒くなく、表面の艶も弱い等、この辺りはどちらかというと欧州産に近い印象である。大腮はさすがにこのサイズになると内歯が前方に向くようになり、オオクワの大歯型をスケールダウンしたようなミニチュア感が通常の個体よりも高まっているように思う。

 さて、この個体は約1年の時間をかけて羽化してきた訳であるが、同じ500cc菌糸瓶での飼育例でも半年以下で羽化してくるような場合は20mmに満たないような極小個体となってしまう例もあり、大きな容器の使用はあくまでも大型個体育成の為の条件の一つであり、それが全てではないという事を痛感した。昨年出てきたトルコ産35mmも1年程度かけて羽化してきている訳で、やはり温度管理を含め、幼虫にじっくりと餌を採らせる工夫が必要なのだろう。