2005.07.08(金) 
■タイ産ツノボソオオクワガタ
 ユーロオオクワを飼い始めてから、とても気になるようになってきたクワガタの一つにツノボソオオクワガタがあった。ツノボソは台湾と東南アジア北部〜インドにかけて分布するオオクワガタの一種で、大陸部に分布する♂の最大体長は54mmに達するので、一応は中型種という分類になるのかもしれないが、一般には20mm台〜30mm台後半位である場合が多く、小型種として認識されることが多い。日本のコクワが、実際は最大で55mm程度にはなるが、小型種として認識されているのと同じ具合であろう。
 そうした通常良く見かけるサイズのツノボソの外観は、♀は余り似ているとは言えないが、♂はユーロオオクワやムシモンに良く似た雰囲気のものであり、「東洋のパラレリ」とでも呼びたくなるクワガタである。
 ただ、ユーロオオクワと比べると、ツノボソの方が腹部がより長くなるために全体に細長く見え、体色も黒く光沢も強いので、どちらかというと、ユーロオオクワよりはムシモンの方に似ているかも知れない。「各産地比較画像」でムシモンとツノボソの♂画像を並べて表示してもらえると分ると思うが、体のバランスや色艶等、両種の外観は酷似している。

 そんな「東洋のパラレリ」をいつかは飼育してみたいと思っており、今年の春頃からショップやネットオークションをチェックする際には気にかけていたのだが、本日、仕事のついでに寄ってみた都内のショップにてツノボソを発見してしまった。ラベルを見るとタイ北部のヴィアンパパオという場所の産らしい。大陸産ということは、育て方次第では50mmオーバーの個体が出てくる可能性も無きにしも非ずである。ツノボソの大型個体はアンタエウスオオクワガタに酷似した外観を持つようになる。♀は良く似ているので、種としてはアンタエウスに近縁なのであろう。と、いうことは生態もアンタエウスに近い=ヒラタ系ドルクスに近いものを有しているのかも知れない。改めてラベルを見ると、これは累代物ではなく天然物とのことである。なれば、♀は既に交尾済みである可能性が高く、産卵セットを組んでやりさえすればスグにでも卵を産んでくれるかも知れない。

 まだこれから客先に寄らなければならず、客先に虫持って行くのも如何なものかと思われたので、今日は虫を買って帰るつもりはなかったのであるが、良く考えてみると、何も虫を剥き出しの状態で歩き回る訳ではない。外から見えなければ、それが虫なのか何なのか誰にも分らない訳で、そうなるとここでツノボソを買って帰らない理由も無くなる訳である。
 まずは店員さんにお願いして、ツノボソの状態をチェックさせてもらう。♂♀共に元気で、目立つ外傷やフセツ、触覚の欠けもなく、なかなかのコンディションであるように思えた。♂は34mmと、ユーロオオオクワやムシモン感覚からすとかなりの大型個体ということになるが、体格の割に大腮が貧弱で、雰囲気的にはユーロオオクワやムシモンの20mm台前半〜半ば位の個体を彷佛させるものがあった。前胸の後端がかなり抉れており、これでもうちょっと手足が長ければリュウキュウコクワにも似てくるかも知れない。♀はアンタエウスの♀とリュウキュウコクワの♀を足して2で割ったような感じである。前足の脛節の湾曲具合はオオクワというよりはヒラタっぽく、♂♀ともにかなり黒光しているのが印象的であった。
 ツノボソをケースに戻し、殆ど衝動的に会計を済ませて店を後にした。やはり欲しかった虫が手に入ると嬉しいものである。

 さて、買ったはいいものの、実はツノボソの飼育については殆ど何の知識も持ち合わせていない。風の便りで「結構難しいらしい」という噂を耳にしたことがある程度である。
 仕事を済ませて帰宅後、とりあえずネットで他の方の飼育例を参照しようと試みた。が、どうもツノボソはユーロオオクワに輪をかけて不人気種であるらしく、ほんの数例しか見つけることが出来なかった。しかも人によって説も様々であり、どうもツノボソの累代飼育方法に関しては皆さん試行錯誤中といった様子であった。ただ、基本的にアンタエウスやヒラタ系に近い産卵セットを組めば、材やマットに産卵させること自体は比較的容易らしい。問題は幼虫のエサにあるようで、かなり選り好みが激しく、途中で死亡する率が高いようである。とりあえず時間はかかりそうだが、材飼育か一次発酵のマットで飼育するのが無難であろうか? いずれにせよ、卵を産ませないことには始まらないので、まずは産卵セットをどう組むかを考えねばならない。明日明後日と外出せねばならないので、その間に考えを纏めておくことにしょう。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ