2005.07.10(日) 
■産卵セット
 金曜日に衝動買いしたタイ・ヴィアンパパオ産ツノボソオオクワは、ラベルによれば野外採集個体であるようだ。野生の♀の場合、大抵は交尾済みであることが多いとされているので、今回は通常の飼育ケージよりは、産卵の方に重点を置いたセットを組むことにした。

 飼育ケージの場合、♂♀の出逢いや交尾の場となるエサ皿や登り木を入れる他、エサ交換や観察をしやすいように、17cm角のアクリル水槽にコルクボードで簡便な蓋を拵えた容器を用いる等、♀が産卵に専念できる環境と言うよりは、どちらかというと世話や観察の方に重点を置いた構成になっている。勿論、この飼育ケージであっても産卵木さえ入れておけば、ちゃんと卵を産んではくれるのであるが、蓋の気密性がそれ程高くはないため、内部の湿度のコントロールがやや難しく、ちょっと手を抜くと、産卵材のマット上に露出している部分が乾燥してしまい、産卵数が落ちる(湿っているマット埋没部分にしか産まない)というデメリットがある。

 一方、産卵セットの場合は、交尾のための配慮や観察やエサ交換の利便はそれ程考えなくても良いので、気密性の高い容器にて産卵材を埋め込むだけの簡便なものとなる。設置場所も暗く、温度変化の少ない物置部屋となるので、♀が産卵に専念するにはモアベターであろう。ユーロオオクワの場合、こうしたセットに♀を単独で投入することで、トルコ産やシリア産は1♀から20匹以上の幼虫を回収することができた。

 さて、ツノボソの産卵セットであるが、ツノボソは外観からもアンタエウスオオクワガタとの近縁性が伺われる。市販のクワガタ飼育本等によると、アンタエウスは所謂オオクワよりはヒラタ系に近い生態を有しているらしく、産卵は材にもマットにも行うとされている。従ってツノボソも似たような傾向を持っていると考えられるので、比較的目が細かく発酵の進んだマットにて、柔らか目の材を埋め込むというスタイルをとることにした。マットへの加水はやや多目にし、材は在庫の中で一番柔らかそうであったコナラ材を用いてみた。容器はプラケースの小サイズにビニールシートをかませたもので、これの底にマットを3cm程固く詰め、その上にコナラ材を2/3程埋没させるように設置してみた。
 我が家ではこの種のセットで、本土ヒラタ、アマミヒラタ、ダイオウヒラタ、ムシモンオオクワといった「材にもマットにも産む」タイプのドルクス種の産卵に成功している。ただ、今回使用した材は、径が少々細いのが気にはかかる。
 通常ヒラタ系のセットを組む場合、この手のクワガタは材とマットの境界付近に産卵することも多いようなので、太目の材を用いて材とマットとの接地面積が増えるようにしている。その点今回の材はちょっと心許ない気もするのであるが、とりあえず径よりは柔らかさ優先で選んでみた。ネット上で他の方の飼育例を参照してみると、材には見向きもしない上に、産卵はケージの底部にばらまくように行うという例もあるようで、そうであれば、まあ、材は何でも良く、むしろマットの質の方が肝要なのかも知れない。マットの方は一ヶ月程様子を見て、産卵が確認できなければ、別のものを試してみるとしよう。

 この産卵セットには本来交尾済みの♀のみを投入すれば良いのであるが、今回は念のため、暫く♂も同居させてみることにした。天然物なので恐らくは交尾済みだとは思うが、念には念だ。一週間程同居させておこうと思う。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ