2005.09.03(土) 
■♂死亡&セット空振り
 順調であれば、ぼちぼち幼虫が孵化していて然るべき頃合であるので、ツノボソのセットを暴いてみることにした。

 まず、材を取り出してみると、木口にも胴にもそこそこ齧り跡が見受けられた。期待を込めて割出してみるも、幼虫の姿や食痕は全く現れず、空振りであった。
 次にマットを検分。ツノボソはマット産みという話しも良く聞くので、材よりはむしろこちらに期待である。外から観察すると底の部分に3箇所程、卵座と思しき窪みが見受けられる。が、幼虫の姿や食痕のようなものは見受けられない。マットを全て掻き出してみても幼虫や卵は見当たらず、♂のバラバラになった死体が出てきたのみであった。

 ♀はまだまだ元気そうであるので、再トライしてみようと思うが、噂に違わず中々に難しい虫のようである。今度はどのようなセットにするか、思案してみよう。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ