2005.09.04(日) 曇後雨
■再セット
 一晩思案した結果、現在使用しているマットに、他のクワガタ幼虫の食べカスを混入する方法を試みてみることにした。

 これは♀の産卵を誘発する古典的な方法で、マットに混入する他、食べカスを水に溶いて産卵木に含ませたりもする。本当に効果があるのかどうかは良く分らないが、例えば我が家の場合でも、台湾産ヒメヒラタは産卵木を食べカスマットで埋め込んでみた所、そこそこ卵を産んでくれてはいる。ただ、ヒメヒラタの場合、単に材やマットの質にはこだわらない性格なのではないかという懸念が残る。

 クワガタ雑誌や飼育本等を読むと、一部のネブトクワガタにはこれが効果的なようで、食べカスを混ぜない場合、全く産まない場合も多いそうである。
 気になるのは、混入する食べカスが、他種の幼虫のものであっても良いのか? という点である。
 ネブトの場合、カブトムシやハナムグリの幼虫の糞でも効果があるらしいが、ツノボソの場合はどうであろうか? 基本的にこの方法は、幼虫のエサ交換の際、新しいエサに古いエサを混入するのと同じ理屈なのではないかと思う。つまり、幼虫が成育していくのに好ましいバクテリアや菌類を引き継がせることで、幼虫の場合は環境の変化によるストレスを緩和し、♀の場合、卵を産む気にさせるということなのではないだろうか。ならば、種によって有用な菌は異なると思われるので、同種のものの方が好ましいように思われる。

 残念ながら、私にはツノボソ幼虫の飼育経験が無いので、本種の食べカスは手元にはない。よって、いずれにせよ、混入するのは他種のものとなるのだが、それでも比較的近い生態の虫のものを入れておく方が無難であろう。
 幸い、私は、こんな事もあろうかと、食べカスは種類別に保管している。
 ツノボソはアンタエウスオオクワと近縁なようだが、アンタエウスに近いとなると、その生態はヒラタに近い可能性が高い。アンタエウスの幼虫もヒラタの幼虫も、比較的湿度が高く、良く朽ちた材を好む傾向があるので、そうした材を消化吸収するのに必要なバクテリアや菌の種類は似たようなものであろう。そこで今回は手持ちのストックの中からアマミヒラタ幼虫の食べカスを従来のマットに20%程混入してみた。これで暫く様子を見ることとしたい。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ