2005.10.12(水) 晴 最高室温:25.7℃ 最低室温:23.8℃
■割りカスから幼虫一匹
 9/3に割出した割りカスを保存していたビニール袋の底に、真新しい材の齧りカスが溜っているのが見えた。これは中に幼虫が潜んでいなければ生じない現象であり、割りカスの中に見落した幼虫なり卵があったことを示すサインとも言える。

 早速袋の中身を開け、割りカスを検分していくと、やや大き目の破片の一つに、食痕の一部が露出していた。食痕を追いつつ割ってみた所、写真のような初齢後期と思しき幼虫が姿を現した。
 大きさはユーロオオクワ幼虫とさ程変わらないが、頭の色がより濃く、体色がより透き通った感じがする。ユーロオオクワ幼虫はコクワ似だが、タイリクツノボソ幼虫はどちらかというと、ヒラタ幼虫に似ているような気がした。
 引き続き、残りの割りカスを改めてみたが、追加は得られず、結局回収できたのはこの一匹のみという結果であった。

 思い起こせば、一番最初に得られたユーロオオクワ幼虫も、トルコ産の割りカスの中から見つかった一匹であった。ユーロオオクワの方はその後、トルコ産をはじめ、かなりの数の幼虫を得られるようになったが、タイリクツノボソも同じようになってくれれば良いと思う次第である。

 回収した幼虫は、他の幼虫の食べカスの内、比較的元のマットの形質を残しているもの(マット交換後、蛹化〜羽化した個体に使用していたもの)を200ccのプリンカップに詰めたものにて飼養することとした。
 埋め込みマットを食べカス混入のものに切り替えた現行セットでは、既にケース壁面から3卵を確認できる等、初回セットと比べて、産卵数は向上してきたように思える。♀が産卵に適していると判断したのであれば、幼虫にとっても似たような環境の方が良いのではないかと思い、新品ではなく、使い古しを用いてみた次第である。ただ、余りに古いものでもどうかと思うので、比較的最近羽化した個体に用いていた、それ程激しく劣化しておらず、マットの原形を留めているものを選んでみた。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ