2005.10.29(土) 曇 最高室温:24.3℃ 最低室温:23.1℃
■割り出し&幼虫回収

 9/3に再セットした材を割出してみた。既にマット底面にて4卵を確認しており、これらが孵化したら割出そうと思っていたのであるが、一週間程前から、その内の3卵の姿が見えなくなったので、恐らく孵化したのであろうと考え、割出しを決行することとした。但し、マットの方にはまだ1卵残っているので、こちらはもう暫く寝かせておき、材の方だけを割出すこととする。

 まずは材を取り出し、齧り具合をチェックする。表も裏もそこそこ齧られており、また一部には深く穿孔された箇所もあり、まずまず期待できる状態であった。マット内への産卵状況を考えると、中に幼虫がいるのはほぼ確実であり、こうなると割出し作業は俄然楽しいものとなる。

 材を手に取り、材に付着したマットを払っていると、やや大きな塊の中に、孵化したばかりと思われる初齢幼虫がいるのに気付いた。これは幸先が宜しい。全く卵も幼虫も回収できなかった前回の割出しがウソのようである。
 マットを払い終えた所で、齧り跡を避け、無難そうな所にマイナスドライバーを突き立てて、材を2つに割ってみた。この時点で食痕や幼虫の姿が現れることを想像していたのだが、これに反して、そういうものは全く見当たらなかった。先程の幼虫が孵化したばかりであった事を考慮すると、少々割出しが早かったのかも知れない。

 一抹の不安を抱きながら、割出しを進めて行くと、とりあえず一匹の初齢幼虫が姿を現した。まだ食痕はそれ程長く伸びておらず、単に楕円形の小部屋のような感じになっていただけなので、恐らく孵化後一週間程度なのであろう。と、なると、やはり割出すには少々早かったようだ。今日の所は大まかに割るに留め、本格的な割出しは後日行うこととする。
 大まかに割って行く過程で、更にもう一匹を追加し、今日の所は計3匹の回収となった。まだマットの中や材の中に卵や幼虫が潜んでいることを考慮すると、幼虫食べカス混入マットに切り替えたことで、確実に産卵数はアップしたと言えそうである。何しろ前回は割りカスから一匹を回収したのみである。もっと良い方法もあるのかも知れないが、取りあえずは「産んでくれる」方法の一つを見つけることが出来たようである。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ