2005.11.21(月) 晴 最高室温:22.7℃ 最低室温:19.4℃
■マットから幼虫回収
 マットに直接産卵された卵からの幼虫の孵化を確認してから2週間程経過し、ほぼ全ての卵が孵化したと思われるので、幼虫の回収を試みてみた。

 容器からマットを新聞紙の上にあけると、早くも2匹の幼虫の姿が目に入った。外から確認していたのは4卵なので、無事孵化していれば、少なくともあと2匹はいる筈である。
 マットをほぐして行くと、案の定次々と幼虫が姿を現し、計6匹を回収することが出来た。材から回収した分と含めると合計10匹である。決して多いとは言えないが、まずまずの結果であろうと思う。やはり古マット混入が功を奏したようだ。

 幼虫は以前回収したものとは異なり、新しいマット(フジコン・SP醗酵マット)に、このセットに用いていた埋め込みマット(微粒子クヌギ醗酵マット+古マット20%)を20%程混入した物を詰めた200ccカップに投入した。古マットを混入した理由は以前と同じであるが、新しいマットを主体としたエサとしたことで、古マットオンリーのものとの比較を試みてみたいと考えた次第である。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ