2005.11.22(火) 晴 最高室温:21.3℃ 最低室温:18.6℃
■再々セット
 幼虫の回収が完了したので、新たに産卵セットを組むことにした。
 タイリクツノボソの幼虫は、噂によれば、かなりデリケートらしく、途中で死亡してしまうことも多いそうなので、今後の累代を考えるならば、もうちょっと多くの幼虫を確保しておきたい所である。♀は未だフ節や触覚の欠け、体表のスレ等もなく、まだまだ元気であるので、もう一頑張りしてもらうとしよう。

 容器はこれまでに使用してきた小プラケをそのまま使用。マットも新しい物よりは、古いものの方が適しているようなので、これもそのまま流用する。今回は本種の幼虫の糞も混じっているので、更なる産卵促進を期待する次第である。
 ただ、幼虫のエサ用に若干使用してしまったので、不足分はフジコン・ドルクスフレークを継ぎ足して補っている。ドルクスフレークは材産みとされるクルビデンスオオクワガタにマット底へのバラマキ産卵をさせたマットであるので(ミャンマー産クルビ飼育観察ノート2005.10.31参照)、この産卵促進効果を期待しての採用である。

 所で、幼虫が途中で死亡し易いということは、一般的に用いられる醗酵マットや菌糸の多くが本種には合わないということを意味しているのではないかと思う。恐らく添加剤の内の何かが良くないのであろう。飼育温度や湿度等と共に、どのようなエサが適しているのかについても、今後探っていきたいと考えている。

タイ産ツノボソオオクワINDEXへ