2006.04.30(日) 晴時々曇 最高室温:24.7℃ 最低室温:21.9℃
■幼虫エサ交換
 エサ交換ナシの200ccカップ一本で羽化迄持っていけるかと思っていたのだが、マットが目減りし、幼虫達がマット上に這い出してきてしまったので、エサを交換することにした。
 既に幼虫は写真のように3齢に達しているのであるが、これが本当に小型種なのかと思う程の肥大ぶりである。写真のカップは200ccカップなので、その対比から分かると思うが、パラレリの幼虫とは桁違いの大きさである。勿論、大型のオオクワの3齢幼虫と比べると全然小さいのではあるが、50mm台後半クラスで羽化した本土ヒラタ幼虫並のサイズである。
 与えていたエサは、最初の4匹は古マット主体、後から回収した6匹は新しいマット主体のものであるが、両者の間に特に差はないようで、前蛹になりかけの1匹を除き、皆、写真の個体と似たりよったりの成長度合いである。

 タイリクツノボソは台湾のツノボソと比べて大型化し易く、50mm台の成虫も割と出易いようであるが、このような粗末なエサで、エサ交換のタイミングも大きく育てるという意味では、完全に見逃しているにも関わらず、ここまで大きくなるとは予想外であった。何しろ幼虫がマット上に這い出してきてから、2ヶ月は放置しているのである。普通はそれだけでも痩せ細ると思うのだが、こいつらは何故か太り続けてきた。

 今回のエサは、ユーリケファルスの産卵セットに使った埋め込みマットと、こいつらの食べカスを1:1で混合したものにした。何となく、これで更に大きくなってしまうような気がしないでもないが、これまでの経験からすると、気温が上昇する傾向がある時に、エサの質を変えた環境へ、ある程度育った3齢幼虫を投入すると蛹化し易い傾向があるように思うので、これで蛹化のスイッチが入ることを期待するとしよう。
 既に1匹だけであるが、前蛹になりかけの個体もいるので、残りの個体も蛹になるには充分に育っているのではないかと思う。

タイ産タイリクツノボソオオクワINDEXへ