2006.05.04(木) 晴 最高室温:23.5℃ 最低室温:22.0℃
■WD再々々セット
 昨年11/22 に組んだセットを暴いてみた。
 マットの中に幼虫の姿はなく、材の方も、産卵の為の坑道というよりは、♀が自分の体を収めるために穿ったような穴があるだけであったので、期待薄な雰囲気であった。

 材を割出してみると、案の定空振り。高温には弱いとされるタイリクツノボソであるが、それでも室温20度前後では低過ぎたのか、さもなければ、割と体内時計がしっかりしており、冬場は産まないことにしているのであろうか?

 ♀はまだまだ元気そうなので、早速新たにセットを組んだ。内容は前回同様。但し材は柔らか目のコナラとした。
 以前回収した10匹の幼虫は全員元気に育っており、全て羽化してくれれば累代には充分な成虫を確保できるのであるが、タイリクツノボソ幼虫は落ち易いと聞いているので、油断は出来ない。念のため、もう10匹程度は回収しておきたい所である。

タイ産タイリクツノボソオオクワINDEXへ