2006.05.11(木) 曇時々雨 最高室温:25.1℃ 最低室温:23.8℃
■1♀蛹化
 既に前蛹状態だった一匹が遂に蛹化した。事前の判定通り♀である。しかし、予想以上にデカい。35mmは超えてきそうなデカさである。

 この個体は、4/30 のエサ交換時、既に前蛹になりかけていた為、エサは交換していないので、昨年11/21 に回収して以来、200ccカップ固詰め一杯分のマットのみで育ったことになる。それでいてこの大きさなので、確かにタイリクツノボソは台湾のツノボソよりも大きくなり易いのかも知れない。それにどうやらエサの質が良過ぎたようだ。この個体には新品のフジコン・SP発酵マット80% + メーカー未詳の使い古しの微粒子クヌギマット20% という配合のエサを与えたのであるが、このエサはタイリクツノボソ向きと言えるかもしれない。

 普通は大きくなったら喜ぶのであろうが、30mm 前後の個体の育成を目指していた私としては、少々複雑な思いである。この分で行くと、更に大きく育っている♂幼虫は、下手すると40mm台後半〜50mm程度はいってしまうかも知れない。今後はエサを無添加発酵マット等、より栄養価の低そうなものに切り替えてみるべきであろう。

タイ産タイリクツノボソオオクワINDEXへ