2006.09.16(土) 曇 最高室温:28.7℃ 最低室温:25.2℃
■1♂羽化、しかし羽化不全
 先週、蛹室内で1♂が羽化したのを確認したので、そろそろ体も固まった頃かと思い、掘り出してみた。が、残念ながら写真のように羽化不全で、上翅、下翅共にヨレヨレの状態であり、今日の段階でかなり衰弱している様子であった。

 サイズは顎先から上翅の端迄でおよそ40mm。もしきちんと羽化出来ていたとしたら、42mm程度にはなったであろうか? 200ccカップでエサ換えも余り行わなかったにしては、予想以上に育った感がある。
 それにしても、折角育ててきたのに、最後の最後でこのような事になってしまうのは本当に居畳まれない思いである。近縁種とされるアンタエウスも「羽化下手」で知られており、特に大型の♂はなるべく人工蛹室に移してやることが推奨されているが、これはタイリクツノボソにも該当することなのかも知れない。他にも前蛹状態の個体が何匹かいるが、これらは蛹化したら、とりあえず人工蛹室に移してやることにしよう。