2006.10.15(日) 晴 最高室温:26.7℃ 最低室温:24.5℃
■1♂無事羽化!
 本日、1♂が無事羽化した。
 先月羽化した個体は羽化不全で一昨日逝ってしまった。その際、タイリクツノボソは人工蛹室に移してやるべきかと考えていたのであるが、この個体はカップの底ではなく、マット中に割合しっかりとした蛹室を作っていたので、天井を取り除くに留めていた。他のカップの底に蛹室を作っている連中は人工蛹室に移すつもりである。容器やマットのせいもあるのかも知れないが、どうもタイリクツノボソは体格に比して、狭い蛹室を作りがちなようで、これが先月の羽化不全の要因の一つであろうと思う。

 サイズは見た感じ、35mmあるか無いかといった雰囲気である。ほぼ同サイズと思われるトルコ産パラレリ35mmと見比べてみると、タイリクツノボソの方が横幅があるので、大分がっしりした印象であるが、それに反して大腮は貧弱で、このサイズであっても内歯の発達は宜しくない。
 成熟する迄の期間を考えると、ペアリングは来春迄待たなければならないと思う。♀が大分早く羽化したのでちょっと心配であるが、まずは無事に羽化したことを喜んでおこう。