和名 タイリクツノボソオオクワガタ
学名 Dorcus sp.
分布 ベトナム、タイ、ミャンマー、インド
体長 ♂=23.0 - 54.0mm
♀=23.0 - 35.0mm
成虫寿命 1〜2年
幼虫期間 2〜3年
近縁種 ツノボソオオクワガタ
Dorcus gracilicornis Benesh, 1950 台湾
シノニム 不明

タイではクワガタを"maeng gwaang" と呼んでいるようです。カブトムシ相撲が盛んで、虫を食用とするといったお国柄ですので、きっと、個々の種をも呼び分けているのではないかと思われます。

従来、ツノボソオオクワガタは台湾に分布するものも、大陸部に分布するものも同種のDorcus gracilicornis とされてきましたが、むし社の「BE-KUWA」16号では、大陸部に分布するものは別種のタイリクツノボソオオクワガタとしているので、これに従うこととします。
タイリクツノボソオオクワガタはツノボソオオクワよりも体格が幅広で太短く、上翅の光沢がより強い、♂の小型個体の内歯の発達が悪い、♀の上翅中央部分に縦筋が入らないといった特徴を有します。また、♂の最大体長もツノボソオオクワガタが40mm台半ば程度にしかならないのに対し、50mm台半ばに達します。
最大体長から言えば中型種となりますが、通常は20mm台後半〜30mm台後半程度の体長である場合が多く、大型種の多い東洋のオオクワガタ類としては最も小さな種類で、「東洋のパラレリ」的な雰囲気を持つクワガタです。

外観は大陸部において分布の重なるアンタエウスオオクワガタに似ており、♂の大型個体や♀ではアンタエウスの小型個体に酷似します。

小型〜中型の♂は、ヨーロッパオオクワガタと似た雰囲気になりますが、体型がより細く、尻が長い点と、体色がより黒く、光沢が強い点とで識別できます。こうした特徴はムシモンオオクワガタに通ずるものがありますが、ツノボソオオクワガタの方がより顕著です。また、小型個体には♂♀共に、上翅に縦条が現れる点も異なります。


入 手 履 歴 産 地 累代 入手数 死亡数 生存数
2005.07.08 タイ・ヴィアンパパオ産WD×1♂1♀購入
2005.09.03 1♂死亡確認
2005.10.12 ヴィアンパパオ産F1幼虫×1回収
2005.10.29 ヴィアンパパオ産F1幼虫×3回収
2005.11.21 ヴィアンパパオ産F1幼虫×6回収
2006.06.06 ヴィアンパパオ産F1×1♀羽化
2006.06.14 ヴィアンパパオ産F1×1♀羽化
2006.09.16 ヴィアンパパオ産F1×1♂羽化(羽化不全)

2006.09.20 ヴィアンパパオ産WD×1♀死亡確認
2006.10.13 ヴィアンパパオ産F1×1♂死亡

2006.10.15 ヴィアンパパオ産F1×1♂羽化
2006.11.20 ヴィアンパパオ産F1×2♂♂4♀♀羽化確認

2007.02.10 ヴィアンパパオ産F1×2♀♀死亡確認
2007.06.20 ヴィアンパパオ産F1×1♂死亡確認

2007.07.01 ヴィアンパパオ産F2幼虫×6回収
ヴィアンパパオ産 WD 1♂
1♀
1♂
0♀
0♂
0♀
F1 4♂
6♀
3♂
2♀
1♂
4♀
F2
001 タイ産ツノボソオオクワガタ 2005.07.08
002 産卵セット 2005.07.10
003 固執 2005.07.27
004 ♂死亡&セット空振り 2005.09.03
005 再セット 2005.09.04
006 産卵確認! 2005.09.19
007 割りカスから幼虫一匹 2005.10.12
008 割り出し&幼虫回収 2005.10.29
009 マット産み卵孵化 2005.11.05
010 マットから幼虫回収 2005.11.21
011 再々セット 2005.11.22
012 幼虫エサ交換 2006.04.30
013 WD再々々セット 2006.05.04
014 1♀蛹化 2006.05.11
015 1♀羽化 2006.06.06
016 1♂羽化、しかし羽化不全 2006.09.16
017 1♂無事羽化! 2006.10.15
018 F1産卵セット 2007.05.14
019 F2幼虫孵化確認&追加セット 2007.06.20
020 F2幼虫回収 2007.07.01