2004.10.28(木) 曇 最高気温:℃ 最低気温:℃
■トルコ産ユーロオオクワ
 先日、知人より、ムシモンオオクワガタというイタリアのサルディニア島に生息するドルクスの幼虫を譲って頂いた。これはオオクワとはいうものの、最大でも体長3cmちょっとにしかならない小型種なのであるが、ヨーロッパには他に、このムシモンと良く似たヨーロッパオオクワガタという奴も生息している。こちらも最大で35mm程度にしかならないドルクスである。
 サイズ的に近いドルクス種としては、南西諸島に分布するリュウキュウコクワガタが挙げられるが、こちらはどちらかというと、ヒメオオクワガタをスケールダウンさせたような、スマートな印象を与えるのに対し、ヨーロッパオオクワガタは、体長/体幅に対する手足の短さ、そして大顎の形状から、小歯型のオオクワを更にスケールダウンさせたような雰囲気を有している。がっしりしたネブトクワガタといった所であろうか。

 種として、ヨーロッパオオクワガタが国産オオクワを含むhopei 種とどれ位近いものなのか不明であるが、国産オオクワと種間雑種を成し得る程、遺伝子的には近いものを有しているコクワガタが、外観的には国産オオクワよりもむしろ台湾に分布するシェンクリングオオクワガタやフィリピン〜インドネシアに分布するパリーオオクワガタといった外国産オオクワガタに近い物を有しているのに対し、ヨーロッパオオクワガタの方が国産オオクワに近い外観を有しているのは不思議である。ドルクス属のクワガタが共通の祖先からどのように分化していったのかを考える上で、大変興味深い種であるように思える。

 こんな、「ちっちゃいけれど、形はオオクワ」な所に惹かれ、早速、私の心の中の「欲しいクワガタリスト」の上の方にヨーロッパオオクワガタの名が記されることになった。
 購入に向けて、飼育方法や取り扱い店等に関し、本格的な情報収集を開始する。まずはネットで検索だ。
 やはりそれほど人気のある種ではないためか、ヒットした件数は余り多くは無い。ショップのページも何軒かヒットしたが、時期が悪かったのか、いずこも「Sold out」であり、購入に関してはいきなり暗雲が立ちこめてきてしまった。
 一方、飼育方法に関しては、どうやらコクワやオオクワとほぼ同じと考えて差し支えなさそうであることが分かった。買うのは難しいが、飼うのは簡単なようだ。


 検索範囲を海外のサイト迄広げてみると、さすがに本場ヨーロッパを中心に、かなりの件数がヒットした。フランス語やドイツ語は良く分からないので、英国人の手になるサイトを中心に閲覧していった所、本種は英国では「Lesser stag beetle」と呼ばれていることが分かった。意訳すれば「コクワガタ」である。なんだ、ユーロオオクワではなく、ユーロコクワなのか?
 英国の昆虫関連のサイトを幾つかみてみると、どうやら、単に「Stag beetle=クワガタ」と言った場合、それはヨーロッパミヤマクワガタを指すようである。どうも、英国には、本種とユーロミヤマしか中・大形種は生息していないらしく、ユーロミヤマより小さいクワガタという意味で、「Lesser stag beetle」と呼ばれているようであり、日本的な意味でのコクワに対するオオクワ=Giant stag beetle はユーロミヤマということになるようだ。

 更に生態に関する項目を読んでみると、ユーロオオクワはイギリスではどこにでもいる普通種で、幼虫の食性も広く、様々な樹種/状態の広葉樹の朽木に見られるらしい。やはりユーロコクワか?
 一方、性格はかなり警戒心が強く、潜洞性も高いらしく、こちらはむしろオオクワに近いかも知れない。
 つまり、ユーロオオクワとは、コクワの繁殖力とオオクワの用心深さを兼ね備えたクワガタと言えるかもしれない。ある意味、最強だ。

 さて、肝心のユーロオオクワの入手であるが、上述の通り、ネットでざっと調べた限りでは、扱っている店は少ない上に、どこも品切れ状態のようである。ただ、各ショップもネット上で掲載しているのは売り単価の高いものや、回転率が良さそうな人気種が中心であると思われるので、実際には店に行けば在庫があるのかも知れない。また、クワガタ雑誌を見ると、ウェブサイトを持たないショップも相当あり、そういった所にも在庫がないとは限らないだろう。そこで、本日、終業後に都内の専門店を時間の許す限り訪ねてみることにした。


 まず1軒目、中野の「むし社」である。
 元々は『月刊むし』をはじめとする、昆虫関係書籍専門の出版社であるが、最近は生体も扱っており、店内には所狭しとカブ&クワが並んでいる。
 メインの棚は、やはり国産オオクワ、中国オオクワ、外国産オオヒラタ等の人気種が占めているのであるが、通路に挟まれたワゴンに、リュウキュウコクワやサキシマヒラタといった南西諸島産のクワガタや、東南アジア産のノコギリクワガタ等のややマイナーなクワガタが陳列されていた。リュウキュウコクワにも興味があるので、場合によっては買って帰ろうかな等と考えつつ、ワゴンの中を見てみると、中段の棚にはオキナワコクワ、下段にはアマミコクワが陳列されていた。どちらも「小さいヒメオオ」みたいで、中々に愛嬌があって宜しい。値段も1ペア¥3,000- と手頃だ。

 今日の所はオキナワコクワでも買って帰ろうかという気分になってきたので、数ある在庫の中から、どのペアを買うか品定めにかかった。とりあえず端のペアから見て行こうと、一番左端にあった容器に手を伸ばした所、何故かこれだけ、品名の表示方法が異なっていた。他のものは、プリンカップの蓋にマジックで直接、手書きで「オキナワコクワガタ」等と書かれているのに、これだけ黄色いシールに文字が印字されたものが貼られていた。
 良く見ると、

「ヨーロッパオオクワガタ トルコ産 F1 1♂2♀トリオ」

 と書かれているではないか!
 とりあえずオキナワコクワでも買って、更に数軒巡ってみようかと考えていたのであるが、1軒目にして目的達成である。マジで嬉しい。やはりショップには足を運んでみるものである。
 オキナワコクワはまた今度ということにし、速攻でユーロオオクワを購入して、帰宅の途についた。


 帰宅後、空いている中プラケースにマットを敷き、エサ皿、登り木等をセットして、ユーロオオクワの仮住まいを用意する。と、いうのも、明日にはきちんとした、正式なケージを用意するつもりだからだ。
 現在、我が家ではクワガタをはじめ、亀、ハムスターといったペット類は、居間の一角に棚を一つしつらえて飼育している。居間となると、見栄えにもある程度気を使わざるを得ないが、プラケースというものは、コストパフォーマンスや機能性は良いとして、見栄えは決して宜しくない。1つ2つならまだしも、大量のプラケースの陳列は居間にはそぐわないので、クワガタ類は種類別にガラス水槽をしつらえて、そこで飼育しているのである。ガラス水槽なら、居間にずらっと並んでいても、まあなんとか許容範囲内であろう。

 仮住まいに移すため、プリンカップからユーロオオクワを一匹づつ取り出し、まずは手の平の上でしみじみとその姿態を観賞する。
 ♂はやはり国産オオクワの小歯型を小さくしたような感じで、同サイズのコクワと比べ、よりがっしりとした印象である。ちっちゃいけれど、格好いいクワガタだ。
 ♀は上翅に、オオクワ各種に良く見られる浅い点刻列もあるのであるが、比較的細長い体型や、光沢のある前胸背板とマットな感じの上翅とのコントラストから、一見した限りではコクワの♀にしか見えない。よーく観察すれば、複眼の縁取りや、前足中脛節の湾曲具合が異なるのであるが、意識してそういう部分に目をやらなければ、コクワの♀とまず見分けはつかないだろう。それ位、♀はコクワに酷似している。
 間違えてコクワケージに入れてしまっても、何ら違和感は生じないと思う。

 仮住まいに投入されたユーロオオクワ達は、しばらくその場で固まっていたが、やがてそろそろとマットの中に姿を隠してしまった。この刺激を与えられて固まっている時間の長さは、オオクワ的である。コクワなら、数秒で動き出すであろう。やはり警戒心はかなり強い方らしい。


 暫く眺めていたが、一向にマットから這い出してくる気配がないので、観察を一旦中止し、再びネットでユーロオオクワ情報を検索してみることにした。検索語を変えつつ、あれこれと試していると、在庫リストに「パラレリピペドゥスオオクワガタ」の名があるショップを発見した。1ペア在庫があるようだ。「パラレリピペドゥス」とはユーロオオクワの学名であり、人によっては本種を「パラレリオオクワ」なんて呼ぶ場合もある。従って、これはユーロオオクワの在庫が1ペアあるという意味である。
 リストの更新日が昨日であり、恐らくまだ売れていないと思われたので、早速在庫確認のメールを出す。在庫があるようであれば、明日注文するつもりだ。
 ユーロオオクワは小型で、性格も温厚との事なので、恐らく、コクワのように複数匹を纏めて飼う事も可能であろう。現在、コクワワンダーランドと名付けたコクワケージには、約40匹のコクワが暮らしている。勿論、多少の喧嘩は生じるが、大形水槽内に、高低差をつけて複数箇所のエサ場を設けたり、自作の洞付登り木を入れて、隠れ場所も多数用意してあるのが功を奏してか、今の所、問題無く彼等は生活しているように見える。これだけの数がいると、夜になれば、間断無く数匹がゲージ内に姿を見せるので、見ていてとても楽しい。ユーロオオクワも数を増やして、このような状態、則ち、「パラレリワンダーランド」化させるのが、当面の私の目標である。