2004.10.29(木) 曇 最高気温:℃ 最低気温:℃
■ケージセットアップ
 昨日ユーロオオクワの在庫確認をしておいたショップから、在庫有りとの返信が届いたので、早速オーダーを入れる。明日の午前中着で1ペア配達される予定だ。これで2♂♂、3♀♀の計5匹となり、パラレリワンダーランド計画(増やして、ケージ内にうじゃうじゃしているユーロオオクワを観賞して楽しむ計画)のスタートとしてはまずまずの滑り出しであると言えよう。

 会社帰りにホームセンターに寄り、ユーロオオクワのためにコトブキのガラス水槽を購入。現在、コクワは同社のLサイズ水槽で飼育しているが、オオクワ、ヒラタ、ダイオウヒラタはSサイズ水槽で飼育している。将来的にユーロオオクワを増やし、コクワのようにうじゃらせる事を考えると、やはりLサイズがいいかと最初は考えていたが、コクワよりも小柄であり、また、1年やそこらで30〜40匹に増えるとも思えないことから、部屋における見た目の統一感を考え併せて、当面はSサイズ水槽で飼育することにする。

 夕食後、ガラス水槽のセットアップに入る。
 コクワやオオクワと同様のセットで良いらしいので、特別なことは何もしない。
 マットはマルカンの粗目のものを使用。目の細かいものだとガラス面やクワガタの体にマットがこびりついてしまうので、観賞用には朽木を粗く砕いた程度のものの方が適していると思う。これを5cm程敷く。湿気には弱いらしいので、加水は控え目とした。
 産卵木は、固目で湿度もやや低い方が適しているとのことであるので、昨日むし社で一緒に購入しておいたクヌギ産卵木の中から、適当と思われるものを一本選び、昨日の内に加水しておいた。程良く乾いたものを、半分位マットに埋没させる形で設置する。ケージ内にはまだまだ余裕があるので、様子を見て、必要なら更に1〜2本追加することにしよう。
 エサ皿と登り木を適当に配置し、マット表面に、転倒時の起き上がり補助用の樹皮辺や、使用済み産卵木の木片をまんべんなく配置してセットアップ完了である。

 小プラケースの仮住まいから、ユーロオオクワ達を移す。Sサイズのガラス水槽とは言え、体長2〜3cmのユーロオオクワ3匹にとっては、かなり広々とした住環境である。
 彼等は昨日同様、しばらくその場で固まっていた後、数分後にもぞもぞと動き出したのであるが、今日はマットの中へ直行せずに、♂が♀に対し、交尾を仕掛け出した。
 まず、♀と直角に対峙した♂が、大顎を♀の体の上に置く所迄はコクワ等と同じ動きである。コクワなら、とりあえず♀を押さえ込んだらすぐに馬乗りになって、交尾器を出す所であるが、ユーロオオクワは大顎を♀の上に置いたままじっとしている。♀もコクワであれば、嫌なら嫌で激しく逃げまどうのであるが、ユーロオオクワ♀は、身じろぎもせずにじっとしている。性格はコクワと比べ、かなりおっとりとしているようだ。
 数分間その姿勢を維持した後、♂が「これはOKってことか?」という感じで、♀の体の上へと移動を試みる。相手が自分より大柄な♀であるため、ベストポジションを見い出すのに苦労している感じで、♀の体の上で前後し続けている。そして、♂がやや大きく後ろに下がった時、場所がエサ皿の縁であったため、バランスを崩し、♂♀共にマットの上へと落下してしまった。
 今日の所は交尾には至らなかったが、♂♀共にヤル気はあるようなので、今後が楽しみである。

トルコ産INDEXへ