2004.11.04(木) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■謎のトンネルと行動
 ユーロオオクワを購入してから数日が経過したが、小さくてもやはりオオクワという事なのか、非常に警戒心が強いらしく、なかなか表に姿を現してはくれなかった。
 深夜、家人が寝静まった頃に、そっと覗いてみると、何匹かケージ内を徘徊しているのであるが、懐中電灯で照らしたり、部屋の照明をつけようものなら速攻でマットの中へと姿を消してしまう。
 一方、コクワは照らそうが、近付こうが、ケージに直接振動でも加えない限り、結構平然としている。同じ、「レッサースタッグビートル」とは言え、エラい違いだ。

 しかし、良く観察してみると、彼等は滅多に表には出てこないものの、マットの中ではそれなりに活動しているようだ。
 外から見える範囲だけでも、マットの中に何本ものトンネルを穿っているのである。一番底の方に出来ている奴なんかは、ケージを壁面にそって一周しそうな勢いである。また、ケージ中央部に埋設してある産卵木の周囲もぐるりと掘られており、外から見えない部分にも何本かのトンネルが構築されていそうである。

 何のためにトンネルを掘っているのかは不明であるが、どうやら出口は決まっているようで、いつも同じ所から、同じ個体が顔を出すように思える。
 もっとも良く姿を現すのは、産卵木の断面に沿って設けられた穴で、ここには最も体格の良い♀が住み着いているようである。この♀はこの穴から主に尻を上に向けた状態で、つまり、後ずさりしながら、産卵木の断面に沿って出てくるのであるが、不思議なことに、足が産卵木の上端にかかると、そこで動きを止めてしまい、決して産卵木の上にまでは登ってこないのである。
 断面に止まっている時の姿勢も少々変わっていて、コクワやヒラタなんかだと、体を木に接触させた状態でいることが多いように思うが、ユーロオオクワは足を張って、体を浮かした状態で止まっている。そして、暫くすると、グルグルと回って頭を上にし、また時間が経つと、尻を上に向けるという動きの繰り返しである。ただ、頭を上にしている時間は比較的短く、尻を上にしている時間の方が長い。

 尻が上を向いている時、頭は穴の中に隠れているので良く分からないのであるが、ひょっとすると、これは産卵をしているのかも知れない。つまり、尻を上に向けている時は産卵木を齧って穴を穿っており、頭を上にしている時は、穿った穴に卵を産みつけているのではないかとも思えるのである。

トルコ産INDEXへ