2004.12.06(月) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■遂に交尾か?
 最近、トルコ産ユーロオオクワケージから、カタカタ、ガタガタと異音がする。どうもケージの底の方で活発に動いているようだ。
 本日、帰宅してみると、2♂♂、1♀がケージ内を闊歩していた。♂の内の一匹が盛んに♀にモーションをかけている。このような情景は前にも見たことがあるが、今日はどうやら♀も嫌がっていないようだ。

 暫く様子を見ていると、別段♀が逃げ出すとか抵抗するとかいうことはないのだが、どうも♂の方の体勢がイマイチ決まらないらしく、♀の上に乗ったり、尻と尻をくっつけるような体勢をとったり、♀と直角に交わるようにしたりと、色々試みているように見える。
 そうこうしている内に、ちょっとづつ移動していって、産卵木の周囲に彼等が構築した掘の中へと落ちていってしまった。

 夕食を採ったり、TVを見たりして数時間程経ってから、再びケージを覗いてみると、先程の♀が、転倒防止用に置いてある樹皮片の上でじっと佇んでいた。左の写真のように、やや前傾姿勢気味にして、腹だけ下げるという見慣れない姿勢である。見ようによっては腹が膨らんでいるようにも見える。これはひょっとすると、交尾を済ませた直後とかではないだろうか?
 10分程様子を見ていたが、全く動く気配が無い。触覚も折畳んで格納している状態であったので、死にかけているんじゃないかと一瞬思ったのだが、そういう訳でもないようで、1時間程このままのポーズで静止した後、ゆっくりと写真の背景に見えている産卵木の方へと歩き出していった。

 ♂とくんずほぐれつしていた後に、こうした見慣れない行動を採っていたので、交尾を済ませ、産卵の準備をしているのではないかと期待してしまうのだが、果たしてどうだろうか?
 今の所、見える範囲では産卵木を齧った形跡が見受けられないので、これで木を齧りはじめたら交尾確定であろう。

トルコ産INDEXへ