2004.12.08(水) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■1♀死亡
7日夜の状態。この時点ではまだかろうじて生きていたのかも知れないが、今朝にはこのままの状態で言切れていた。
 昨晩帰宅して、ケージを覗いてみると、昨日の♀が今日は転倒防止用の樹皮の下に頭を入れて、じっと固まっていた。
 就寝前に見た時もまだ同じ場所で同じ姿勢でいた。動いている様子は無かったが、昨日のこともあったので、さして気にしないで就寝。

 今朝起きてすぐに覗いてみた所、この♀はまだ昨晩と同じ場所にいた。さすがにこれはおかしいので、ケージから取り出してみると、既に言切れていた。左後足のフセツが取れているので、追加購入した方の個体で間違いないだろう。

 昨晩は腹を膨らませて上下させたりしていたので、「ひょっとして産卵か?」なんて思ってしまったのだが、どうやら単に弱っていただけらしい。でも昨晩は♂にモーションかけられたりして、結構元気にしていたようにも思えるのだが...。別の個体であろうか? いずれにしても、購入後1ヶ月で死亡させてしまい、残念である。

 単純に寿命ということであれば、諦めもつくが、未産卵であれば越冬する種類のクワガタである。飼育管理方法に問題がある可能性もあろう。やはり居間で飼わずに、温度変化の少ない場所で素直に越冬させてやった方が良いのかも知れない。
 ただ、今の所、他の個体は元気そうにしているし、この♀は購入時点でフセツがとれていた事を考えると、羽化してからそれなりの時間が経過していたことは間違いない。
 寿命なのか、他に要因があったのか、不明と言わざるを得ないが、この♀が、一ヶ月の間に、交尾し、産卵していることを祈るばかりである。

トルコ産INDEXへ