2004.12.18(土) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■1♂追加
 昨日、フランス産ユーロオオクワ4♂♂と併せ、トルコ産も1♂購入してきた。本当は先日死亡した1♀を補充したかったのであるが、かつてペアで販売されていた♀は死んだか売れたかしたらしく、♂が一匹増える結果となった。

 しかし、この♂、中々に元気で、ちょこまかと動き回り、写真を撮るのに一苦労させられた。
 なんとか写真を撮り終え、ケージに入れる前に名前をつけておこうと思ったのであるが、トルコの人名は馴染みが薄いため、ちょっと苦労した。暫くあれこれと記憶を辿り、ようやっと思いついたのは「ピリー」。他に思い当らないのでピリーと命名する。
 因みに最初に購入した♂は「オスマン」、2匹目は「ケマル」である。♀は♂以上に識別困難なので名前をつけても仕方ないと思ったのであるが、一応、「アルズ」「エメル」「ヤセミーン」と付けてある。先日死亡したのは「ヤセミーン」であると思われる。

 それはさておき、ピリーはオスマンやケマルと比べ小柄で、大顎も華奢な感じである。
 思うのだが、ユーロオオクワにも「大歯(長歯)」「中歯(両歯)」「小歯(原歯)」といった変異があるのであろうか? 今、各産地の大小様々な♂を飼育しているが、体のサイズに比例して、大顎も大きくなったり、小さくなったり、太くなったり、細くなったりはするが、形自体の変異は殆どないように思える。内歯の位置もオオクワのように、小型になるに従って下の方につくということもないし、突き出す角度が変わるということもなく、単に体が小さくなると内歯も小さくなるというだけである。
 日本のコクワの場合、体長が30mm程度であれば中歯型となり、25mm程度だと原歯型といったような変異がある。最大体長がユーロオオクワと余り変わらないスジクワでも同様だ。一方、大顎の形状がユーロオオクワに近いリュウキュウコクワはサイズによる大顎形状の変異は少ない。大型個体になると、大顎先端にオオクワやコクワのような鉤状の小歯が現れる程度である。
 大型のユーロオオクワにもこのような小歯が現れるのであろうか? いつか大型個体をブリードして、確かめてみたいと思う。

トルコ産INDEXへ