2004.12.28(火) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■産卵木交換
 トルコ産をセットしてから2ヶ月が経過したので、産卵木を取り出し、新しいものと交換することにした。ほぼ1ヶ月が経過したフランス産も併せて交換する。
 トルコケージから産卵木を取り出してみると、所々に齧った跡はあるものの、いずれも浅く、余り期待は出来ないかも知れない。順調に産卵していれば、そろそろ幼虫が孵化していても良い頃合であるが、もうちょっと寝かせて、正月に「割り初め」をしたいと思う。

 新しい産卵木には、柔らか目のコナラ材を選んでみた。最初にセットした、やや固目のコナラ材で上述のような結果となったので、今度は柔らかい材で様子を見てみようという魂胆だ。
 材はいつものように表皮とオレンジ色の層を削ぎ取ったてから、マットに半分程度埋没するようにセット。こうするとカビが生え易くはなるが、どの道、クワガタが材を齧り始めれば消えるし、齧っているか齧っていないかの判断材料にもなるので都合の良い面もある。

 取り出した材は、左の写真のように、ミニプラケにマットと共に埋め込んで保管している。今回は中途半端に残っていたマルカンの「クヌギジャンボ」を利用。これを使い切った。最後に保湿のために適当なビニール袋をカットしたものを用意し、蓋でこれを挟んで完了である。フランス産の材交換も同時に行ったので、一応、ラベルに産地等を記入したものを貼っておく。まあ、2本位ならば、どっちがどっちだか、材の形等で見分けることも出来るが、万が一、取り違えてしまっては元も子もないので、複数本を保管する場合は必ずラベルを貼るようにしている。

トルコ産INDEXへ