2005.01.21(金) 晴 最高気温:℃ 最低気温:℃
■見落し幼虫回収!
 元旦に割り出し、空振りに終った材を、本日念の為に再度改めてみた。元旦の時点ではまだ卵の状態で、見落していたものがあったとしても、セットから2ヶ月半が経過している訳だから、いくら何でもさすがに幼虫になっているであろう。これでも全く幼虫が回収できないとなれば、この材には全く産んでいなかったということで納得もできる。

 割りカスはビニール袋に入れて保存していたのだが、とりあえず外からは幼虫の姿を確認することは出来なかった。広げた新聞紙に中身をぶちまけ、比較的大きな破片からチェックしていく。
1/3程チェックを終え、これはやっぱり駄目かなと思いつつ、新たな破片を手にとり、それを割ってみた所、なんと食痕が現れた! まだ幅も細く、もしこれがクワガタ幼虫のものだとすれば、明らかに初齢初期の幼虫のものである。と、なると、これは元々この材に入っていたコクワ幼虫等ではなく、最近孵化したユーロオオクワ幼虫のものと見て間違いないだろう。しかし、幼虫の姿を見るまでは安心できない。クワガタ以外の虫のものという可能性も排除できないからだ。

 元々細く小さい破片であるので、少し力加減を間違えただけで、幼虫ごと真っ二つにヘシ折ってしまいかねないので、慎重に、少しづつ食痕に沿って崩して行く。そして現れたのは期待通り、クワガタの初齢初期の幼虫であった。トルコ産は一応、この材にもちゃんと産んでくれていたのだ。食痕の全長と幼虫の大きさからして、恐らく孵化したのは1〜2週間程前であろう。それにしても小さい。コクワの初齢初期よりも更に小さい感じだ。
 回収した幼虫は材の破片ごと、発酵マットを詰めた120ccのプリンカップに投入し、ラベルを貼った後に、幼虫用簡易温室(発泡スチロールの箱にサーモスタットとパネルヒーターを仕込んだだけのもの)へと納めた。

 こうなると、産んだのは卵一つとも思えないので、残り2/3の破片の中にももう何匹かの幼虫がいると思われるが、上述の通り、少し力を入れれば簡単に真っ二つになってしまう程の小片ばかりであるので、今、無理をして幼虫を探すよりも、もう少し大きく育ってから回収した方が無難であろう。とりあえず見落しチェックはここまでとして、残りの破片は再度保管することとした。
 どうもユーロオオクワの場合、セットから2ヶ月程度で割り出すのは少々時期尚早のようである。3ヶ月程度保管し、2齢になってから割り出しをした方が見落しも少なくなりそうだ。

トルコ産INDEXへ