2005.03.06(日) 
■再々セット、1♀温室へ
 先日、現在の材をセットしてから2ヶ月が経過したので、そろそろ取り出そうかとチェックしてみた所、材を齧った形跡が余り認められなかったのでがっかりした。
 最初にセットしたのは固目のコナラ材で、齧り方が今一つであった(案の定、幼虫一匹を回収できたのみ)ので、2回目には柔らか目のコナラ材をセットし、様子を見ることにしたのだが、どうも劇的な改善は見られないようだ。

 クヌギ材やカワラ材、霊芝材等、他の種類の材を試してみるという手もあるが、それと共に、何故産まないのか、環境的な要因も考えてみる必要があるかも知れない。
 まず第一に考えられるのが、季節的な要因だ。何かの本で、ドルクス属のクワガタの一部は、冬季に加温しても余り産卵しないというような記述を見かけたことがある。ユーロオオクワもドルクス属のクワガタであるので、同じことが言えるのかも知れない。
 第二に考えられるのが、ゲージの設置場所の問題だ。加温の必要とスペース的な問題から、居間の片隅で飼育しているのであるが、平均22〜23℃程度の温度を維持できる一方で、人の出入りが激しく、騒々しい場所でもある。また、一応は布を被せてあるものの、夜12時近くまで明かりがついているというのも、本来夜行性の昆虫であるユーロオオクワにとっては、好ましくない環境と言えるかも知れない。

 もっとも、同じ環境下でも、コクワや本土ヒラタ、ダイオウヒラタ等はそこそこ卵を産んでいる(但し、昨年晩夏〜秋にかけて)ので、どちらかというと季節的な要因が大きいような気がしないでもない。そもそもこの時期に産卵させようというのが無理な相談なのではないだろうか?
 そうは言っても、季節はじきに春になる。今更冬眠させる訳にもいかない。そこで今回は環境的にマイナスと思われる面を改善する方法で産卵セットを組んでみることにした。

 今回採用したのは、交尾済みの♀のみを産卵セットに投入し、そのセットを温室に入れるという方法だ。温室は8号ダンボール(430×300×270mm程度)を流用することで、蓋をすれば完全に遮光できるようにし、これを居間ではなく、人の出入りが少ない物置き部屋に設置することで、静かで且つ暗い環境を実現する。
 温室はこの8号ダンボールの内側に断熱材(プチプチシート)を貼り、熱帯魚用のヒーターとサーモスタット、温度計を仕込んだだけの簡易なものであるが、こんなものでも内部の温度を任意の温度に維持することができる。今回は産卵セット内部の温度が25℃前後で安定するように設定してみた。
 セット用の容器は、8号ダンボールの寸法から各種小型容器を検討した結果、Q−BOX10(230×135×125mm)を採用。これだとギリギリで4つ納まる計算である。ただ、結果からすれば、アイリスオーヤマのBL2.3(210×165×130mm)の方が、4つ収めても若干の余裕が生じるので、温室内部の空気循環を考えるとモアベターであったかも知れない。

 材は柔らか目のクヌギ材にしてみた。これをマットで埋め込み、表面にエサゼリーと材の破片を散らして準備完了である。折角なので、トルコ産だけでなく、シリア産、フランス産、イタリア産からも1♀づつ選抜して同様のセットに投入してみた。シリア産は現在の環境でもそこそこ産んでくれているようであるが、これで更に良い結果が出れば良いなと思う。

トルコ産INDEXへ