2005.03.21(月) 
■産卵状況確認
 簡易温室に隔離した♀の産卵状況をチェックしてみた。材の上の部分と片方の木口しか見えないが、木口の方に、齧り跡を幾つか見い出すことができた。シリア産等と比べると少々心許ない気もするが、本来、反対側の木口同様にマットに埋もれていたのが、こちら側だけ露出しているということは、♀がここで活発に活動しているということであろう。
 トルコ産は一応幼虫が回収できているが、その時の材にもこの程度の齧り跡しかなかったので、トルコ産ユーロオオクワは、余り坑道を穿たずに、表面をちびちびと齧っていく傾向があるのかも知れない。因みに現在セットしてある材は、かなり柔らかいクヌギ材である。

トルコ産INDEXへ