2005.04.24(日) 
■幼虫大回収
 シリア産に引き続き、簡易温室に隔離してあったトルコ産の産卵セットを暴くことにする。シリア産が孵化しているのであれば、こちらも孵化しているであろう。

 シリア産の方は20匹と予想を上回る数の幼虫を回収できたので、今回はこれを踏まえて30個程度の容器を用意しなければならないかと思ったのであるが、肝心のプリンカップの在庫が24個しかない事が判明した。とりあえず24個のカップに加水した発酵マットを詰めて準備する。

 まずはマットのチェック。とりあえず見える範囲には幼虫の姿や食痕らしきものは見受けられなかったので、精査は後回しにして、材割りへと移る。
 材は至る所に産卵痕が見受けられる。下手に割ると幼虫を潰す可能性が大きいように思われたので、今回は表面から年輪にそって材を削いでいく方式を選択する。一皮めくる度に幼虫や食痕が次から次へと現れる。予想に違わず、かなりの数の幼虫を回収できそうだ。あれよあれよという間に用意した24個のプリンカップを消費してしまった。まだ、材は直径の1/3程度の太さが残っているし、材の表面にも食痕が現れていたことから察するに、マットの中にも幼虫が潜んでいる可能性がある。大きなプリンカップならまだ沢山在庫があるが、スペースの都合上、これを初齢幼虫に用いるのは好ましくないので今日の所はここまでとし、残りは新たにプリンカップを調達してから回収するとしよう。

 それにしても、簡易温室隔離組の成績は目を見張るばかりである。これまでトルコ産幼虫一匹を得るに留まっていたのがウソのようである。セットしたのが3月に入ってからなので、季節的な要因も考えられなくもないが、やはり温度や湿度、静寂性といった要因が大きかったのではないかと思う。
 まだ隔離組としては、フランス産とイタリア産が残っているので、早急に小型プリンカップを調達しなければなるまい。

トルコ産INDEXへ