2005.05.07(土) 雨後晴
■更に2匹回収
 一ヶ月程寝かしておくつもりだったが、ちょっとした時間ができたので、本日トルコ産の割りカス(3/6 にセットしたクヌギ材)の最終チェックをしてみた。

 まず、半分程チェックを終えた時点で、小片の中から幼虫が一匹現れた。その後、材のカスからは追加を得られなかったが、小片のチェックをあらかた終え、割りカスの底に溜まっていた埋め込みマットのカスと材の削りカスの混ざったものを新聞紙の上に広げてみた所、この中からもう一匹を回収することができた。材から回収した方は、腹の色が摂取した材の影響でオレンジっぽくなっているが、マットカスから回収した方は黒くなっている。
 これで、この材からは合計27匹の幼虫を回収できたことになる。一匹の♀が一本の材に産んだ数としては、私のクワガタ飼育史上最高の値だ。クワガタの中では比較的多産であるコクワでも、こんなに産んだことはない。

 それにしても、全てが順調に育てば、1月に回収した一匹と併せて28匹の成虫が今年の秋〜冬にかけて現れることとなる。10〜20%程度は途中で死ぬと考えても、まだセット中の材もあることだし、余程のことがない限り、数多くのトルコ産成虫を得られることであろう。これは大変喜ばしいことではあるが、一方で他の産地のものと併せて、成虫の飼育スペースをいかに確保するか今から考えねばならないし、成虫飼育の方法もちょっと考え直さねばなるまい。

トルコ産INDEXへ