2005.06.06(月) 
■1♂死亡&割出し
 4/19にセットしたクヌギ材を割出すべく、これを取り出すのに邪魔になる登り木やエサ皿をどけてみた所、登り木の下で1♂が死亡しているのを発見した。外観の特徴から、昨年10/30に追加購入したペアの片割れであると思われる。

 死骸を検分してみると、左右触覚の先端、左右前脚と右後脚のフセツがとれており、かなり消耗した感じであった。しかし、ひっくり返ったり、手足を広げたりはしておらず、休眠しているかのような姿勢をとっていたことから、恐らくは休むために登り木の下に潜り込んだ所で、そのまま息を引き取ったものと思われる。人間で言えば老衰のため、寝ている内に昇天してしまったといった感じであろう。クワガタとしては大往生と言えるかも知れない。

 『古事記』によれば、黄泉国に下った伊邪那美命が一日に1000人を殺すと宣言したのを受けて、伊邪那岐命が、ならば一日に1500の産屋を建てようと宣言したとあり、これによって人の世は絶えることなく連綿と継続し得ると説明されている。つまり、死ぬ者があれば、新たに産まれてくる者もあるということだ。


 クワガタの世もまた然り。死ぬ者もあれば、産まれてくるものもある。

 取り出した産卵木を見てみると、マットに埋没していた部分を中心に、そこかしこに齧り跡がある。菌種穴を拡張したようなものはあったが、材の奥の方まで自ら穿ったような坑道は見受けられないので、やはりトルコ産はシリア産等とは異なり、表面を齧っては産卵するというスタイルなのかも知れない。
 さて、前回の隔離セットの場合、セットしてから49日で割出した所、28匹の幼虫を回収することができた。この材もセットしてから今日で48日が経過している。簡易温室で常時25度前後の環境にあった隔離セットと比べると気温が上がってきたとは言え、積算温度は低いと思われるが、前回の割出し時には既に幼虫は産まれたばかりといった風ではない程度に育っていたので、この材もぼちぼち割出しても問題はないであろう。

 マイナスドライバーを差し込んで材を割ってみると、早速幼虫が姿を現した。
 産卵痕を目印に、割出しを進めた所、マットに埋没していた下半分の部分から12匹の幼虫と卵1個を回収することができた。
 残る半分には産卵痕もないし、幼虫の食痕が続いている形跡もないので、恐らく幼虫はいないだろうと思われた。材が勿体無いので、再びケージ内にセットすることにした。今度はこちら側がマットに埋没することになるので、♀も卵を産みつけてくれるかも知れない。

 しかし、人間は一人死ぬと1.5人産まれてくるというレートであるのに対し(神話上の話しだが)、クワガタは一匹死ぬと幼虫12匹である。勿論、自然環境下では無事に成虫となり、子孫を残せる確率はかなり低くはなるが、それにしても、環境のバランスが崩れるとある種の昆虫が大繁殖してしまう理由が良く分る。一時、一匹数百万の値がついたオオクワの価値が暴落した理由もまた良く分るような気がする次第である。

トルコ産INDEXへ