2005.07.13(水) 
■早くも蛹化&1/21割出幼虫羽化!
 昨日確認した前蛹3匹の内の一匹が、今日覗いてみると既に蛹になっていた。尻に交尾器が見受けられず、大腮も発達していないようなので、恐らく♀であろうと思われる。他の二十数匹は相変わらず幼虫として成長を続けており、彼等と比べると何をそんなに生き急いでいるのかと心配になってしまうが、これはこれで彼等の生き残り戦術の一つであるらしい。成虫が火災や捕食者の襲撃等によって一気に全滅するようなリスクを低減させたり、生態上競合するような虫が余り出ていない内にエサ場や住処を確保してしまおうといったような狙いがあるそうである。

 一方、今月2日蛹化を確認した1/21割出しの♂幼虫の羽化も本日確認できた。こちらは孵化から羽化迄約半年である。今の所、各産地共に半年程度で羽化してくる個体が多いので、飼育下においては標準的なペースであるかも知れない。サイズは余り大きくは無いが、トルコ産の新成虫を見るのは始めてのことであるので、掘り出しが楽しみである。

トルコ産INDEXへ