2005.07.17(日) 
■1♂掘り出し&続々蛹化
 先日羽化した1♂を掘り出してみた。
 まだ上翅や腹部下面に赤味が残っているが、ここまで来れば後は成熟を待つばかりである。

頭部クローズアップ
頭楯中央が軽く凹んでいる。
 小型個体なので、大腮形状や内歯のつき方等、今一つ特徴ははっきりしないが、パッと見は欧州の個体とこれと言った違いは無いように思う。強いて挙げれば、頭楯の中央が凹んでいるのが欧州の個体には見られない特徴かも知れない。

 さて、ここ数日、新たに一匹が蛹化したのを始め、4月割出しの幼虫達が続々と蛹化の兆しを見せはじめている。蛹及び前蛹状態の個体は計8匹に及んでいる。大型の幼虫は未だに幼虫として成長中であり、この段階で蛹化しようとしているのは小型の個体ばかりである。同じ親から生まれ、同じ条件で育てているにも関わらず、大きく育つ幼虫とそうでない幼虫、3〜4ヶ月で蛹化する個体とそうでない個体とが現れるのは興味深い。
 写真右は、蛹及び前蛹状態となった個体が入っている容器であるが、蛹室の形状も様々である。比較的ぴったりのサイズに作る者、不必要な程に長く作る者(右列最下段)、蛹室を作らずに食痕の途中で突然蛹化がはじまってしまったように見える者等がおり、面白いと思う。

トルコ産INDEXへ