2005.07.19(火) 
■4月割出し幼虫エサ交換
サクサクと新しいマットに潜り込む
 イタリア・詳細産地不明幼虫に続き、トルコ産幼虫のエサ交換&より大きな容器への引っ越しを敢行した。

 本日も新たに2匹の前蛹を発見し、これで4月割出し幼虫27匹中10匹が蛹化し始めたことになる。これらは勿論そのまま羽化迄放置するので、エサ換えを行うのは残り17匹となる。
 早期に蛹化する幼虫が続出した理由は幾つか考えられるが、その一つとして容器の大きさもあるのではないかと思う。トルコ産幼虫(に関わらず、全てのユーロオオクワ幼虫)は、割出し時に用いた90cc乃至は120ccのカップで3齢迄持ってきているのだが、容器が小さければ外気温の上昇に伴う熱の影響を受け易く、特に小型の個体の場合はより速く、羽化に必要な積算温度に達してしまう可能性が考えられるだろう。大きな容器であれば、これは幾分緩和され、蛹化が遅れる分、幼虫も成長して体も大きくなるので更に必要とする熱量が増え、結果として早期に成虫とならずに、より大きな個体へと育つのではないかと思う。
 幼虫の成長のメカニズムや積算温度との関係については、これまで余り気にしてこなかったので良く分かっていないのだが、大型個体が早期に羽化してくることがないということからすると、そういうことなのではないだろうか?
 例えば、3齢になった時点で200ccのカップに移したギリシャ産の幼虫は、割出しから7ヶ月経った今、ようやっと前蛹になったのだし、120ccのカップで育てた1/21割出しの幼虫が羽化迄に必要とした期間は約6ヶ月である。僅か1例のみであるので、これで結論づけることは出来ないが、やはり小さい容器で飼養すると短い期間で成虫になってしまう可能性は考えられよう。

 エサはイタリア産同様に、これ迄使用していた同じ銘柄の発酵マットに、ユーロオオクワ幼虫飼養に用いた廃マットや菌糸カス、使用済み産卵木を砕いたフレークを混ぜておいたものを用いた。これならその都度新しいマットに古いマットを混ぜ合わせる手間が省け、黙々と新しい容器に詰め込んで行くだけで済むので楽である。産地や亜種、個体が違うのでどうか? という問題はあるものの、基本的には古いマットの中に存在する有用なバクテリア類を新しい環境に引き継がせるという目的はこれでも果たせるのではないかと考えている。その都度やるか、予め纏めてやっておくかの違いである。

 詰め替え作業を進める過程で、残念ながら4匹の幼虫の死亡が確認された。例によってマットが封入時の原形を留めている容器のものばかりである。恐らく投入後間もなく死亡してしまったのであろう。

トルコ産INDEXへ