2005.07.21(木) 
■6月割出し幼虫エサ交換&廃マットから幼虫出現!
 4月割出し幼虫に続き、6月割出し幼虫達もエサ交換&200ccカップへの引っ越しを行うこととした。ここの所の高温の影響で、小型個体が続々と蛹化し出してしまっているが、大きな容器を用いていれば、小さな容器よりも熱の伝わりは悪くなる筈なので、結果的に温度の積算を抑え、蛹化を遅らせることができるのではないかと思う。今後は最初から200ccのカップを用いるか、3齢になったら直ちに90cc乃至は120ccの容器から移すことにしようと考えている。

 さて、今回も交換するエサはフジコン・SP発酵マットにユーロオオクワ幼虫飼育に用いた廃マットや菌糸カス、そして使用済み産卵木を砕いたフレークを混ぜ合わせて量を水増しさせた「スペシャルブレンドマット」を用いた(写真左)。端的に言うと単なる廃品処理なのであるが、既にこのエサを与えている幼虫の様子を見る限り、意外と喰いも良く、成長の度合いも普通にSP発酵マットを与えている個体と比べて遜色ないようだ。

 新しい200ccカップにこのマットを詰めるため、保存用のコンテナボックスから加水用の容器にマットをすくっていた所、何とコンテナボックス内のマットの中から一匹の2齢幼虫が姿を現したではないか! これは一体どうしたことだろうか?
 まあ、どう考えても、混入した廃マットか産卵木の割りカスの中に見落した幼虫なり卵なりが潜んでいたとしか考えらない訳であるが、今日まで良く生きていたものだ。このマットはスプーンやヘラ等で頻繁にかき回していたし、産卵木の割りカスや菌糸カスを細かく砕く為に、先端が研がれているヘラを何度も何度もザクザクと万遍なく突き刺し、マットごと押し砕いたりしてきた。例え幼虫が存在していたとしても、とっくの昔に押し潰されていて然るべきであり、これはもう奇跡的ですらある。2齢になっているので、1ヶ月以上前からここで暮らしていたものと思われるが、恐らくはスプーンやヘラが届かない、ケースの四隅の僅かな空間のどこかにいて難を逃れてきたのであろう。

 しかし、この幼虫は何処産であろうか? 産地の区別はせずにユーロオオクワ関係の廃マットや割りカスをガシガシ投入してきたので、全く判断の下しようがない。トルコ産かシリア産であれば、成虫になれば見た目で区別できそうだが、原名亜種であった場合、外観から産地を判断することは不可能である。とりあえずは成虫になるのを見守っていくしかないだろう。

トルコ産INDEXへ