2005.07.24(日) 
■6月割出し幼虫菌糸カップ投入
 21日のエサ交換は6月回収幼虫14匹中7匹に対してのみ実施した。敢て半数に留めたのは、マット飼育と菌糸飼育との比較を試みようと思ったからである。本日、発注していた200cc菌糸カップ(オオヒラタケ菌)が届いたので、残りの7匹の幼虫をこれに投入してみた。

 エサの質がガラリと変るので、すんなりと中に潜ってくれるかどうか少々不安ではあったが、予め中央部分に穿っておいた穴に幼虫を頭から落し込むと、7匹共サクサクと穴を掘り進め、潜り込んで行ってくれた。糞の量もマット交換の場合と比べて格段に多く排出するという訳でもなく、環境の変化に対してはそれほど神経質な虫ではないのかも知れない。あとは、これによって蛹化のスイッチが入らないことを祈るのみである。

 今の所、当家で飼養しているユーロオオクワは半年一化である場合が多く、彼等もそのパターンで育つとなると、蛹化迄にはあと4〜5ヶ月程かかると思われる。これだけの期間があれば、マット飼育との比較は充分できるだろう。ちょっとサンプル数が少ないので、余りはっきりとしたことは言えそうもないが、マット飼育、菌糸飼育それぞれの大凡の傾向でも掴めれば良いなと思う。

トルコ産INDEXへ