2005.08.01(月) 
■2♀♀羽化。されど1♀羽化不全。
 今日は2♀♀が羽化した。
 一匹は無事に羽化してくれたようだが、もう一匹の方の様子がおかしい。プリンカップ壁面が汚れているので余りハッキリとは見えないのであるが、どうも上翅がちゃんと閉じられていないようである。まだ上翅の色が白ければ問題ないのであるが、既にそれなりに赤く色付いており、この時点で上翅が閉じていないとなると羽化不全である可能性が高い。

 心配になったので取り出してみると案の定羽化不全を起こしていた。
 尻の部分の蛹の殻と思しきものがくっついていたのでこれを取り除こうとした所、なんと下翅が殻から抜け出しておらず、殻と一緒にぐじゃぐじゃになっているということが判明した。

 何故このような状態になったのであろうか?
 写真左は取り出す前の状態を撮影したものだが、ご覧のようにこの個体は明確な蛹室を造らずに蛹化していた。このトンネルはカップを一周しており、床面はほぼ水平となっている。恐らくこのような場所で蛹化したのが羽化不全の原因であろうかと思われる。床面が水平で、且つ天井が高いので、蛹の時分に充分な姿勢変更ができなかったのであろう。その結果、背を下にした状態のまま羽化してしまい、背面に圧力がかかった結果このような変型を被ってしまったと考えられる。
 で、何故マトモに蛹室を造らなかったのかが謎であるが、やはり高温がいけなかったのであろうか?

 上翅が閉じていない以外は、今の所、元気は元気なようであるが、この先ちゃんと生きていけるのかどうか心配である。また、同じような状態で蛹化している個体が他にもいるので、早々に人工蛹室へ移すことにしたい。

トルコ産INDEXへ