2005.08.22(月) 
■今度は奇形
 本日1♂2♀♀が羽化していたが、♀2匹は昨日同様の羽化不全で、羽が捻れていた。どうも下翅をうまく脱げないようで、下翅の先に蛹の殻がくっついており、これが原因で羽全体が捻れてしまっているようだ。また、容器を逆さにする対策は今回は全く効果が無かったので、残りの蛹は全て人工蛹室(プリンカップの中に、マットを固めて凹みを作成したもの)へと移すことにした。

 羽化不全が続出しているので、ちょっと暗い気分になってしまうのだが、これに更に追い討ちをかけるように、妙ちくりんな蛹が現れてしまった。
 これは5日程前に蛹化したもので、当初から表面の色艶がちょっと変だとは思っていたのだが、外から観察できたのが腹部の一部だけだったため、余り気にも止めずに放置していた。それが、人工蛹室へ移すために暴いてみた所、写真のような状態になっていることが判明した。

 一見、蛹になる直前の前蛹のようにも見えるが、大分オレンジ色に色付いた体色がそうではないことを物語っている。どうも幼虫の皮を脱ぎきれなかったようで、所謂蛹化不全の一種だとは思うが、幼虫の頭や足がそのまま残ってしまっているのが何とも無気味である。
 今の所、他の蛹と同様に、刺激を与えると元気に動いてはいるが、このまま無事に羽化するとは思えないし、仮に羽化したとしても、とんでもない奇形のユーロオオクワが生まれてくることになるだろう。

トルコ産INDEXへ