2005.11.01(火) 晴 最高室温:25.1℃ 最低室温:22.3℃
■巨大蛹
 6/6割出しで菌糸飼育していた個体が3週間程前に蛹化した。カップの底から尻の先端部分しか見えないのだが、以前はカップを持ち上げると動いていたのが最近その気配がしないので、頃合的にも羽化したのかと思い、掘り出してみた。

 すると、蛹室から出てきたのは、黒ずんだ巨大な♂の蛹であった。残念ながら既に死亡しているが、この状態で約35mmある。無事羽化したら一体どれ程のサイズの成虫となったであろうか? 腹が縮むとしても、俯いた状態の頭が起きる事で帳消しになるっぽいので、ユーロオオクワとしては空前絶後の35mm 近い♂となったような気がしてならない。大腮や手足の太さ、前胸背板の横幅が普段見慣れているユーロオオクワのものとは比較にならない位に太い。40mm台のコクワ程度の太さがあるように思う。

 さすがに種としての限界近いサイズとなったが為に羽化不全を起こしたようだが、本当に惜しまれる。早期に人工蛹室に移してやって、脱皮を手伝ってやったならば、何とかなったであろうか?
 それにしても割出し後5ヶ月弱でこのサイズになるとは、これも意外である。大型個体を狙う場合も大凡この程度の時間をかければ充分ということであろうか? ちょっと飼育データを眺めつつ、この個体が大きくなった要因を探ってみたい。

トルコ産INDEXへ