2005.11.08(火) 晴 最高室温:25.3℃ 最低室温:22.3℃
■またしても羽化不全
 先日、巨大蛹の死骸が見つかった6/6 割り出し幼虫の残りの個体5匹を改めてみた。
 いずれも外からは様子が分からない状態であったので、小型の金属スプーンにて慎重に掘り進めてみた所、5匹中4匹は前蛹状態で死亡しており、ホワホワとした菌に巻かれていた。残り一匹は一応羽化はしていたのであるが、写真の通り、羽化不全で上翅が歪んでしまっていた。
 どうもトルコ産は、途中で落ちたり、蛹化不全、羽化不全となる個体が多い。特に他の産地と異なる飼育方法をとっている訳でもなく、何故このようなことになるのか腑に落ちない。特にこの♂はカップの中程に蛹室を作っており、他の羽化不全個体のように、カップの底という明らかに条件の悪い場所で羽化した訳ではないのに、この様である。

 一つ考えられるのは、容器内が酸欠気味になっていたのではないか? ということであるが、マット飼育の個体、菌糸飼育の個体共に蛹化不全や羽化不全が現れていることから考えると、容器の「置き場所」に問題があるような気がしないでもない。現在セット中の個体から幼虫が得られたら、同じ容器に同じエサを用いて、置き場所を変えて育ててみたいと思う。微妙に位置が異なるだけで、温度や空気の流れ等の条件も微妙に変わり、それによって、酸欠が起こりにくいということがあるのかも知れない。

トルコ産INDEXへ