2006.01.04(火) 晴 最高室温:22.5℃ 最低室温:18.0℃
■幼虫蒸れ死に・セットし直し
 正月三賀日を妻の実家等で過ごし、帰宅してクワ共の様子をチェックしてみた所、とんでもない事になっていた。簡易温室の温度が37℃迄上がってしまっていたのだ。

 飼育種の増加に対応するため、昨年末に簡易温室を8号段ボール箱から、大型の衣装ケースにサイズアップさせたのだが、どうも調子こいて飼育容器を詰め込み過ぎたのがいけなかったようだ。これによって温室内の空気循環が妨げられ、ヒーター直上が37℃に達して、ようやっと端の方が設定温度の25℃に達するという状況に陥ってしまっていたのだ。

 慌てて温室から各種飼育容器を取り出し、クワ達の無事を確認する。幸い、大部分は無事であったが、ヒーターの真上に置いていた8/29 セットのトルコ産セットのみ、♂が仰向けになって死んでしまっていた。また、良く見ると、その側に黒くなった3齢幼虫の死体が転がっていた。何と既に幼虫が孵化していたのだ。多分、暑さに耐えきれず、材から地表に抜け出してきたのだろう。
 最悪の結果を予想しつつ、材を取り出してみると、表面に食痕が出まくっている。割ってみると、中も食痕だらけであった。しかし、幼虫は一匹も出てこず、時折、頭の部分だけが転がり出てくるだけである。予想通り全滅であった。

 慌てて温室から各種飼育容器を取り出し、クワ達の無事を確認する。幸い、大部分は無事であったが、ヒーターの真上に置いていた8/29 セットのトルコ産セットのみ、♂が仰向けになって死んでしまっていた。また、良く見ると、その側に黒くなった3齢幼虫の死体が転がっていた。何と既に幼虫が孵化していたのだ。多分、暑さに耐えきれず、材から地表に抜け出してきたのだろう。
 最悪の結果を予想しつつ、材を取り出してみると、表面に食痕が出まくっている。割ってみると、中も食痕だらけであった。しかし、幼虫は一匹も出てこず、時折、頭の部分だけが転がり出てくるだけである。予想通り全滅であった。

 これは、本当に可哀想なことをしてしまった。
 しかし、この食痕の状況からすると、2ヶ月程前には既に卵が孵化していたと考えられる。
 温室に入れたのは昨年末に温室を拡張した際だから、特に温度管理をしなくても、少なくとも10月頃迄は普通に産卵するということが分かった。ならば、温度管理をすれば、真冬であっても産んでくれそうである。
 幸い、♀2匹は無事であったので、再度セットを組み、様子を見てみたい。
 温室内の容器の配置を見直し、空気の通りを良くすると共に、熱源の上に直接容器を置くのをやめ、円筒容器で下駄を履かせて、熱源との間に隙間を作ることで、過度の過熱を回避できるように工夫してみた。これなら30℃を越えて過熱されることもなくなるだろうし、今の所、25〜27℃程度で安定しているようである。

トルコ産INDEXへ