2006.05.10(水) 曇 最高室温:24.7℃ 最低室温:23.0℃
■F2幼虫最終エサ交換(菌糸)
 昨年6月割出しで菌糸飼育していた幼虫がまだ一匹残っている。いい加減、そろそろ蛹化しないものかと思っていたら、最近菌糸カップの中で暴れ出したので、エサを交換する事にした。ま、いずれにせよ、これで最後になるであろう。

 この個体、これまではフジコン・ヒラタケ菌床を詰め込んだ200ccカップで育てていたのであるが、これの予備は底をついており、菌床のストックもないので、仕方なく、最近落ちた幼虫が入っていた500cc菌糸瓶に投入することとした。これには同じフジコンの菌床を詰め込んであるので、好都合である。
 何となく、落ちた幼虫の入っていた容器を使うのはいかがなものかという気がしないでもないが、写真の通り、幼虫の体色はかなり黄色く色付いており、あとは蛹室を作って蛹化するだけと思われるので、まあ大丈夫だろう。

 ユーロオオクワにしては割と大きく育っており、この個体は♂だと思われるので、暴れによる縮みを最小限に押さえられれば、そこそこのサイズの成虫が期待できそうである。

トルコ産INDEXへ