2006.05.30(火) 晴後雷雨 最高室温:26.3℃ 最低室温:25.1℃
■F2セット3
 本年早々、折角のF3幼虫を温度管理の不手際にて蒸し殺してしまって以来、どうにもトルコ産が不調である。生き残った♀も、他のセットの♀も一向に産んでくれないのだ。我が家のパラレリ軍団最大派閥であるトルコ産であるが、手元に残っている♀は確か3匹。しかも内2匹は、ひょっとすると件の高温加熱の影響で、もう卵を産めない体になってしまったのではないかという不安がよぎる。と、言うのも、先日、3月にセットした高熱地獄生き残り組の割出しを行ってみたが、見事に空振ったのだ。

 残り1♀は、現在、トルコ産パラレリウム(纏め飼いケージ)に投入している。何しろ最大派閥であったので、当初、♂♀共に余りまくり、売ったり、友人に配ったりしたのだが、それでも捌き切れない個体を30cm水槽にて纏め飼いすることにしたのだが、正規のブリードに回した2♀♀が上述のような状況なので、呑気に産むか産まないか分からない纏め飼いケージに、貴重な♀を投入したままにしておく訳にはいかない。そこでこの♀を回収し、新規にセットを組むことにした。
 まあ、普通2♀♀もいれば、充分な数の幼虫が回収できるし、事実、蒸し殺しさえしなければ、それなりの数の幼虫を回収できていた筈である。現在この2♀♀は、休養と新規の交尾を兼ねて、♂と同居飼育中であるが、余りアテにも出来ないので、累代の望みを最後の1♀に賭けてみることにする。

 ♀を取り出すべく、トルコ産パラレリウムを覗いてみると、写真左のように、産卵木の周囲に木屑が散らばっていた。どうやら産んでくれているようである。材を取り出してみると、マット埋没部分にそこそこ齧り跡が見受けられ、ちょっと期待できそうな状況である。ただ、纏め飼いケージの場合、産卵数は個別にセットを組んだ場合よりも明らかに落ちるので、やはり♀は取り出し、個別セットに投入するべきであろう。

 セットはSolid Box50 を用い、軟らか目のコナラ材をフジコン・ドルクスフレークでほぼ完全に埋め込む「必勝セット」である。尤も、例の2♀♀はこれでも産んでくれなかったので、必勝というのは誇大広告であるが、普通はこのセッティングならほぼ確実に産んでくれる。何とかこれで不調を挽回し、いい加減F3幼虫をゲットしたいと思う。